TAG VOYAGE研究クラブ

エロ漫画 触手メイドさんが女の子を複乳・欠損にして甘やかす本

■内容
触手娘のメイドさんが美少女を複乳・欠損に改造してぐちゃぐちゃに甘やかすお話です。
触手を使った甘めの人体改造プレイがメインです。
苦痛描写はほとんどありません。

■プレイ内容
・耳から触手を挿入して脳みそをかき混ぜる(苦痛描写なし)
・触手を膣に挿入
・触手を四肢と同化させて融かす
・融けた四肢を切り外されて絶頂(苦痛描写なし)
・触手を乳房に同化させ、体液を流して肥大化
・体液を流して乳房を4つに増やす
・欠損・複乳状態で触手百合えっち
女の子以外はエロシーンに一切出てこないので安心してください。

■あらすじ
我々とは違う歴史を歩んだ、もう一つの19世紀。
機関都市セセッションは混沌に支配されようとしていた。
1900年冬、永らく都市を支配してきたロボットの政権を転覆すべく、異形の民と人間たちが各地で蜂起を開始した。

だが間もなくして異形と人間の協力関係も崩壊し、以後は激しい三つ巴が繰り広げられた。
内戦の初期は鋼鉄の身体と高度な技術を持つロボットたちが優勢だったが、遺伝子操作の技術を持つRLF社が異形の勢力に加わったことで、戦況が変化する。

RLFは異形の民を生み出したVTV社の残党が設立した企業であり、設立後しばらくは身を隠してたが、98年に都市下層の灯台で発見された異界の生物から、驚異的な力を持つ細胞の培養に成功していた。
その生命力、同化、増殖能力を取り入れた兵器を前に、次第にロボットたちは敗北を繰り返すようになる。
そして最初の暴動から2ヶ月後、ついに都市の下層と中層が異形たちに制圧された。

中層の街ケルラ・パークでは最後までマシンが抵抗を続けていたが、敗北は目前に迫っていた。
そんな時、RLF社の幹部アントワーヌが部下を引き連れて、制圧済みである機械たちの司令本部を訪れる。
そこで彼らは奇妙にも人間の女性が取り残されているのを発見する。
彼女は初期のマシンたちを開発したラッツ・ハッセルの孫であり、その技術力を理由に特例でマシンたちの陣営に保護されていた。

だが、この戦況下で見捨てられ、屋敷に取り残されていたという。
アントワーヌは彼女を重要人物だとして幽閉と監視を命じる。

かくして、哀れな少女サリカ・ハッセルは異形の住まう館に幽閉されることになった。

全42ページ、フルカラー
PDF同梱