CATEGORY MAD VERMILLION

エロ漫画 メゾン・de・パーヴ 101 二宮航 vol.1 【ニューハーフに骨抜きにされた男が先行きを案じリハビリ相手に選んだ女が男の娘だった。というお話…】

SNS上で男の娘として活動する19歳、専門学生の二宮航(にのみやわたる)。男の娘時の名は二宮航希(にのみやこうき)。
時折、女装した自身の姿を世間に見せつけその反応を探る為、自宅周辺を散策していた。
そのクオリティの高さゆえ、散策途中にナンパされることもしばしば。
誘ってくる男達がヤリモクということを理解していた為、ナンパ行為そのものに対し煩わしさを感じていた。

その日もナンパしてきた相手を軽くかわし散策を続ける航。
条件反射でナンパを断る度に思うことがあった。

もし、誘われるがままついていき、男の娘と分かった時に相手はどんな反応を示すのだろうか…

騙したということでキレられるのか…

または…

航としても『興味』があった。
そんなことを考えながら広場に設けられた遊歩道を散策する航。
まもなくして航の視界に一人ベンチに座り何やら考え込む男の姿が入る。

笠原いずみ、七瀬遥、二人のニューハーフに魅了されすっかり骨抜きにされてしまった男。
しばらくニューハーフと接触していないと手に震えが起きてしまうといった深刻な状態に陥っていた。
震える手を見つめ、ニューハーフしか愛せないままで良いのかと一人ベンチで悩む男。

そこであることを思いつく航。
自身が抱く『興味』を、チャラチャラせずまあまあイケメンであるペンチに座る男で検証してみようということを。
作戦はさりげなく男にアプローチをし、自身を誘うように仕向けるというもの。
早速実践するも男の反応はない。
そんな男に対し焦りと同時に怒りを覚える航。
そして焦った結果、ほぼ直球で男をラブホテルに誘ってしまう。
すぐさま自身の言動に後悔をする航。
誘われた男は戸惑うも、ニューハーフ依存からの脱却のチャンスと捉え、航の誘いを快諾しラブホテルへと向かおうとする。
激しく躊躇するが、意を決して男についていく航。

ラブホテルに入り個別にシャワーを浴びた後、自身が男の娘であることを男に告白し謝罪する航。
驚愕する男。
しかし航のあまりのクオリティの高さと、胸の有無を除けば基本的にはニューハーフと変わらないのでは?とプラスに捉え欲情する男。
ツルペタニューハーフという設定でたまらず航に迫る。
想定外の男の行動に焦り戸惑うも、常日頃の『興味』からか一度だけということで男の行動に身を任せる決断をする航であった。

再生時間:26分

CAST:久保すずめ

エロ漫画 メゾン・de・パーヴ 202 同居人七瀬遥 vol.1【撮影会の高額ギャラに負い目を感じたニューハーフがオマケでエッチさせてくれた。というお話…】

とある風俗店でヘルプ勤務をしていたいずみ(ニューハーフ)と出会ってからというもの、すっかりニューハーフにハマってしまった男。
気付けば女性ではなくニューハーフにしか興味を抱かなくなっていた。
いずみとの再会を夢見て、連日のごとく町内の風俗店を巡り歩き探してはみるものの彼女と出会うことはなく悶々とする日々を送っていた。
そんなある日、何気なくニューハーフが在籍するライブチャットに手を出す男。
初めから期待してはいなかったが案の定、いずみを超える逸材には出会えず落胆し諦めかけたその時、七瀬遥という一人のニューハーフに目が止まる。

「見つけた!」

ネットを介し連日のごとく遥のもとへ通い詰め見事常連となる男。
そのうちに直接会ってみたいという男の想いが頂点に達し撮影会と称し話を持ち掛けるとこれに快諾する遥。
ホテルの一室を借りた撮影会へと遥が衣装持参でやってくる。
順調に進む撮影会。
一通り満足のいく撮影が終了した後、自身への高額なギャラに対する申し訳なさから男に「エッチもセットならお互い納得できるのでは?」と提案をする遥。
思いもよらぬ遥の提案に即座に了承する男。
いずみ以来となるニューハーフとのセックスを全身全霊で堪能しさらなる深みへとハマっていく男なのであった。

※本作は『メゾン・de・パーヴ 202 笠原いずみ vol.2』の設定を引き継いでおります。

※本作のヒロインは当サークルの過去作に何度か登場しておりますが今作の質感の動画作品としては初となりますのでVol.1という位置付けといたします。

収録時間:26分

CV:加川らん